ボーナスを貯金せずに、高機能オフィスチェアを買おうと決めてから6か月。
6か月間悩みに悩んで大塚家具へ通う事、計4回(笑)

アーロンチェアではなく、コンテッサチェアを比較検討の上、断腸の思いで選びました。
正直最初はアーロンチェア一択だったのですが、新宿の大塚家具にてオカムラのコンテッサチェアに座ってしまい、6か月も悩むことになってしまったのです。
それほどにコンテッサチェアの掛け心地が最高だったです。

今回はそんなアーロンチェアではなく、コンテッサチェアを理由をご紹介します。

その前に私のスペックですが

  • 32歳男性
  • 174cm 75kg
  • システムエンジニア歴10年
  • 慢性的な腰痛&肩こり

といったところです。
体格的には一般男性といったところでしょうか。

理由1 「ハイバックはコンテッサチェアのみだった」

正直、これが一番大きな理由です。
私の使い方として、仕事はもちろんの事、「椅子の上で仮眠をとる」事が非常に多いのです。
SEの方であればわかると思いますが、SEは基本徹夜です(笑)

もれなく私も徹夜人間ですが椅子の上での10分~30分の仮眠が非常に重要です。

この仮眠の為には首を支えてくれるハイバックタイプである必要があったのです。

理由2 「操作が簡単&しやすい」

二番目は操作が肘部分で出来るという「操作が簡単&しやすい」というポイントです。
私は仕事中に姿勢を変える事が多く、操作が肘部分で簡単に出来るのは非常に魅力でした。

アーロンチェアは全ての操作が座面下のレバーだったので面倒くさかったです。

理由3 「カラフル!」

あと、見た目も大きなポイントでした。
自分は「ピスタチオグリーン」カラーを選んだのですが、オフィスの中で映えます。
個人的に黒色はオフィス家具のイメージが強く、避けたかったのでカラーバリエーションが豊富なコンテッサチェアは魅力的でした。

以上が私がアーロンチェアではなく、コンテッサチェアを選んだ理由です。
正直、掛け心地自体はもしかしtらアーロンの方が上?かもしれませんが、総合的にはコンテッサチェアが勝ちました。

ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
   

関連記事

ピックアップ記事

  1. 1万円で買えるオフィスチェア オフィスチェアといっても数千円から数十万円まで価格帯の幅が広く、…
  2. システムエンジニアの悩みの種「腰痛」を緩和させる椅子の座り方は システムエンジニアやデスクワー…
  3. 北欧の超巨大インテリアショップ「IKEA(イケア)」。 ソファ、ベッド、デスク、ダイニングセッ…
  4. ハーマンミラー社の新作チェア「ミラ2チェア」 アーロンチェアで有名なハーマンミ…
  5. 腰痛対策にはランバーサポートがベスト このサイトでも何回か特集している腰痛対策ですが、…
  6. オフィスチェアを買おうと決めて、お金を貯めたは良いものアーロンチェアやコンテッサチェアが高すぎて買え…
  7. IKEAのオフィスチェアVOLMAR 低価格でデザイン性の高い家具・インテリア雑貨を取り扱う世…
  8. 見た目は同じ!?オフィスチェアはなぜこんなにも値段が違うのか
    高いものから安いものまで猫も杓子もメッシュ 現在のオフィスチェアの流行はメッシュ素材であること…
  9. ボーナスを貯金せずに、高機能オフィスチェアを買おうと決めてから6か月。 6か月間悩みに悩んで大塚家…
  10. 肩こりは万病の元 肩こりと言えば、システムエンジニアの悩みの種ですよね。 かくいう管理人もか…
ページ上部へ戻る