現在使用中の駄目なオフィスチェア紹介

てなわけで、今現在オフィスチェアを買い換えようとしているのですが
買い換える前に、現在のオフィスチェアを紹介しようと思います。
かなり使いづらいです(;´Д`)

PLUS furniture 「Capti」

オフィスチェア「Capti」

オフィスチェア「Capti」

簡単に言います。
「小さい」です。

といっても、この椅子が悪いわけではなく、
図体が大きい自分が行けないのですが・・・・

 

ちなみに自分は
身長182cm
体重85kg
という、かなり大柄な体格です。
この私にとってこの椅子は正直、小さすぎます。
女性用?なのかなと思える程に小さいです・・・

駄目なポイントをまとめてみます。

  1. 座面が小さい (お尻がのりきらない)
  2. 背もたれが小さい (肩まで支えることが出来ない)
  3. 肘置きが無い (肘を支えることが出来ない)
  4. リクライニング機能が貧弱 (前傾ポジション不可)
  5. 硬い (座面、背もたれともにクッションが硬い)

 

この5つのポイントのせいで、
非常に使いづらく、長時間の作業を困難にしています・・・(´Д`|||)

特に、3番めの「肘置きが無い」が致命的です。
肘置きが無いため、デスクに肘から先をのっけて作業するハメになり、
肘から先に腕の体重がかかり、かなーーり痛いです。早く買い換えなければ・・・・

ちなみにこのオフィスチェアは自宅用なのですが、
仕事場も同じようなオフィスチェアを使用しています。
仕事場に関しては、「一律支給」で全社員同じオフィスチェアを使用しています。

私のように身体が大きい人(規格外の体格)にとって「一律支給」のようなオフィスチェアは、
身体に合うことはほとんどなく、腰痛のもとになることが多いようです(´Д`|||)

 
よく外国のドラマや映画などで見る海外のオフィスは自分個人の部屋があったり、
自分の椅子を自由に選んでいたりと、本当に羨ましい限り。
私のオフィスは女性も男性も、小柄な人も大きな体格の人も同じオフィスチェアを使っています。

 
本来は、個人個人に合わせたオフィスチェアを選ぶべきなはずなのですが、
日本の場合は、パッと見の統一感を重要視しているんでしょうね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
   

関連記事

ピックアップ記事

  1. システムエンジニアの悩みの種「腰痛」を緩和させる椅子の座り方は システムエンジニアやデスクワー…
  2. コンテッサチェア
    コンテッサチェアに座ってみた オカムラが誇る、日本が誇る大ヒットオフィスチェア、コンテッサに座…
  3. 腰痛対策にはランバーサポートがベスト このサイトでも何回か特集している腰痛対策ですが、…
  4. IKEAのオフィスチェアVOLMAR 低価格でデザイン性の高い家具・インテリア雑貨を取り扱う世…
  5. 見た目は同じ!?オフィスチェアはなぜこんなにも値段が違うのか
    高いものから安いものまで猫も杓子もメッシュ 現在のオフィスチェアの流行はメッシュ素材であること…
  6. ハーマンミラー社の新作チェア「ミラ2チェア」 アーロンチェアで有名なハーマンミ…
  7. 肩こりは万病の元 肩こりと言えば、システムエンジニアの悩みの種ですよね。 かくいう管理人もか…
  8. ほとんどの機能がそろっているニトリの激安オフィスチェア・シールド 最近はニトリもかなりオフィス…
  9. idc
    大塚家具でアーロンチェアに座って来ました このサイトでもダントツのアクセス数を誇る「アーロンチ…
  10. オフィスチェアを買おうと決めて、お金を貯めたは良いものアーロンチェアやコンテッサチェアが高すぎて買え…
ページ上部へ戻る