リバティチェア

リバティチェアに座ってみた

ワールドチェアに試座したところで、次は同じヒューマンスケールのリバティチェアに座ってみました。
やっぱり座ってみて最初に思うのはリクライニングのスムーズさ。

オートリクライニング機能といって強弱レバーはなく座る人の体型によって勝手に調整してくれるのですが、これは感動的なくらいスムーズにリクライニングしてくれます。
ちょっと余談ですが、皆さんもオフィスチェアに座るとまずリクライニングしようとしますよね。よく試座している人を見るのですが、皆さんまずリクライニングを試しています。

仕事に使うならリクライニング機能なんて優先順位が低いのに、なぜかくつろぎから考える。
なかなか興味深い行動です。

さて、今度は仕事スタイルで試してみます。
ワールドチェアがアームレスト調整できなかったので、リバティチェアで試してみました。
今度は高さが変えられます。これは期待が持てそうです。

とにかく肘をのせてパソコンを打ちたいので、どうしてもアームレストだけはぴったり合うものが欲しい。そう考えている人はきっと多いですよね。
で、このリバティチェアはどうかというと、まったく合いませんでした。

最も、高く設定してもすごく低かった。
正直パソコン作業には役に立ちそうにありません。
普通に座って肘を落とすと肘が付かないのです。

ヒューマンスケールのリバティチェア総評・レビュー

デザインは素晴らしく、座り心地もすごくよく、背中のフィット感も抜群で、オートリクライニング機能も秀逸です。
ここまで完成度が高いオフィスチェアなのにアームレストだけが難点。

正直、アームレストが合わなければこのようなハイスペックチェアを購入する人は激減すると思うのですが。

ただ、アームの高さがピッタリくる人なら話は別です。
それこそ、最もおすすめのオフィスチェアになるかもしれません。

まずは、この背もたれの感覚を試してみてください。
そしてアームレストの高さが合うかも確認してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
   

関連記事

ピックアップ記事

  1. ハーマンミラー社の新作チェア「ミラ2チェア」 アーロンチェアで有名なハーマンミ…
  2. ボーナスを貯金せずに、高機能オフィスチェアを買おうと決めてから6か月。 6か月間悩みに悩んで大塚家…
  3. 比較的低価格なのがNeos(ネオス) ドイツのオフィスチェアブランド、ウィルクハー…
  4. 肩こりは万病の元 肩こりと言えば、システムエンジニアの悩みの種ですよね。 かくいう管理人もか…
  5. giroflex68_06
    オーソドックスなスタイルのジロフレックス68 スイスのオフィスチェアブランドgiroflexは…
  6. 腰痛対策にはランバーサポートがベスト このサイトでも何回か特集している腰痛対策ですが、…
  7. 北欧の超巨大インテリアショップ「IKEA(イケア)」。 ソファ、ベッド、デスク、ダイニングセッ…
  8. idc
    大塚家具でアーロンチェアに座って来ました このサイトでもダントツのアクセス数を誇る「アーロンチ…
  9. 女性向けオフィスチェアは? 世の中のオフィスチェアのデザインは、正直男性向けが多いです。 機能や…
  10. 見た目は同じ!?オフィスチェアはなぜこんなにも値段が違うのか
    高いものから安いものまで猫も杓子もメッシュ 現在のオフィスチェアの流行はメッシュ素材であること…
ページ上部へ戻る