ワールドチェアに座ってきました。

ヒューマンスケール社から販売されているワールドチェア、都内の大手家具屋さんで試座してきました。
ちなみに身長は175cm、体重は65キロ。ちょっと痩せ型の男性です。

まず、デザインですがこれはホームページで見ていたのとイメージは同じで、スタイリッシュで格好いい印象です。
他にもオフィスチェアは数多くありましたが、そのなかでも全く遜色なく、なかなかの雰囲気を醸し出しています。

触ってみるとメッシュの肌触りが独特で、オカムラのコンテッサやバロンなどのメッシュとは肌触りが異なり、ちょっと樹脂っぽい肌触りです。
アーロンチェアのメッシュともまたちょっと違うのですが、独特の触り心地でした。

とはいってもオフィスチェアは触るものではなく座るものです。
座り心地さえよければ役割は果たしてくれます。

肝心の掛け心地は・・・・

そして満を持してワールドチェアに座ってみると、最初に感じるのが背もたれのあたりが抜群に素晴らしいこと。
ちょっと背中に体重をかけてみるとスムーズに動いてくれます。

ちなみにワールドチェアにはリクライニングの強弱調整がないのですが、とってもスムーズで、この辺りはさすがにこだわっているなという印象を受けました。

またワールドチェアの背もたれにある2本の線ですが、これは私にはいまいち効果が分かりませんでした。
実感できないレベルで座り心地には影響していると思いますが、2本の線がないバージョンに座ったことがないのでよく分かりません。

ワールドチェアが残念だったところ

ちょっと残念なのが、アームレストの高さが調整できないこと。
正直、まったく高さがあわず、パソコンなどの作業には全く使えそうにありませんでした。
肘をアームにのせてパソコンを打ちたい人にはあまりおすすめできません。

あと、座面の下に左右にボタンがついていて、片側は座面の奥行き調整、もう片方は座面の高さ調整機能なのですが、これもちょっと押しにくい。
まあこのあたりはデザイン性を重視するために仕方ないところなのかもしれません。

自分でしか使用しないなら一度調整したらほとんど触らないところですからね。
デメリットとまでは言えないですが、押しにくいとは感じました。

さて、ワールドチェアの総評ですが、とにかくリクライニングの連動感は他のオフィスチェアではなかなか味わえません。
このスムーズな感覚はさすがです。

ただ、やっぱりアームレストが残念。
これでアームレストが可動式ならかなりおすすめなのですが。

もうちょっと身長の低い人ならちょうどいいのかもしれませんが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
   

関連記事

ピックアップ記事

  1. idc
    大塚家具でアーロンチェアに座って来ました このサイトでもダントツのアクセス数を誇る「アーロンチ…
  2. 友人にプログラマーが複数人います。 「一日何時間座ってんの?」って聞いたら 1人は13時…
  3. 腰痛対策にはランバーサポートがベスト このサイトでも何回か特集している腰痛対策ですが、…
  4. 比較的低価格なのがNeos(ネオス) ドイツのオフィスチェアブランド、ウィルクハー…
  5. ボーナスを貯金せずに、高機能オフィスチェアを買おうと決めてから6か月。 6か月間悩みに悩んで大塚家…
  6. システムエンジニアの悩みの種「腰痛」を緩和させる椅子の座り方は システムエンジニアやデスクワー…
  7. 1万円で買えるオフィスチェア オフィスチェアといっても数千円から数十万円まで価格帯の幅が広く、…
  8. コンテッサチェア
    コンテッサチェアに座ってみた オカムラが誇る、日本が誇る大ヒットオフィスチェア、コンテッサに座…
  9. 女性向けオフィスチェアは? 世の中のオフィスチェアのデザインは、正直男性向けが多いです。 機能や…
  10. giroflex68_06
    オーソドックスなスタイルのジロフレックス68 スイスのオフィスチェアブランドgiroflexは…
ページ上部へ戻る