腰痛と肩こりとオフィスチェアと私。

これを読んでいる貴方、何時間その姿勢でいますか?
ちなみに私は今このブログを書いているこの瞬間、2時間座りっぱなしです。

ちなみに人間が同じの姿勢を保つ筋肉は30分しかもたないそうです。

それ以上同じ姿勢を続けていると、知らず知らずのうちに体を痛めることになるのです。
パソコンで仕事をしている人でも、そうではない人も、パソコンに長時間向き合って、
ずーーーーっと同じ姿勢を続けるのは体に良くありません。腰痛、肩こりの原因ですね。

少しでも動き回る機会があればまだよいのですが、キーボード入力をしっぱなしだったりして、
画面を注視したままでいるのは、どんなに健康でタフな人でも身体に支障をきたしてしまいます。

どのオフィスや個人の机にパソコンがあるのと同様に、肩こり対策グッズも個人の席や周囲に必ず1つは常備されていませんか?
私が仕事をしているオフィスでは、100円ショップの肩タタキシリーズが大流行しています(・∀・)

しかし、パソコンに向かうのが体に悪いと分かっていても、パソコンに触らないと仕事になりません。
これが本当に辛いところです。わかっているのですが、仕事をやめるわけにはいけませんよね・・・

そこで今回は、パソコンに向かう姿勢が体にどう影響を与えるのか、
どんなストレッチが効果的なのか調べてみたので、まとめていこうと思います。

 

同じ姿勢を長時間続けると・・・

最初の方に述べましたが、姿勢を保つ背中や腰の筋肉は、普通は30分までしかもちません。
それ以上座っていると、次第に姿勢が崩れてしまい、身体にとっては良くない姿勢のままで机に向かうことになります。

具体的には、最初は背筋を伸ばして座っていても、時間が経つにつれ腰が少しづつ曲がってしまったり、
画面に顔を近づけるために首が前に倒れたりしてきます。

これこそが腰痛肩こりの原因なのです。

 

腰痛にならないための座り方・ポイント

長時間座っていると、どんな人でも知らないうちに腰が弧状(弓状)に曲がります。
いわゆる猫背状態です。

必ず一定時間(30分~1時間)ごとに席を立って、腰を後ろに反って伸ばすようにしましょう。
余裕があれば、前屈や屈伸するとなおよしです。
これが習慣化されるだけで大きな差が生まれます。

とりあえず、いまこの瞬間にやってみましょう!!!!!

 

肩こりにならないための座り方・ポイント

画面を見つめていると気付かぬうちに、腰だけではなく、背中から頭にかけても弧状に曲がっていきます。

視力が弱くて画面に近付いたり、背丈の小さいノートパソコンを使うがために、視線が下に向いたりしていませんか?
人間の頭は意外と重いもの。ボーリングの玉と同じぐらいの重さと言われています。

これが首の真上に乗っていればいいのですが、前に傾いた状態になっていると、
その重さを首や肩の筋肉が落ちないように引っ張っているのです。
これこそが、肩こりの原因!

肩こりにならないためにも、頭の位置は人間を横から見て、
肩の端の骨と耳の穴を結んだ線が垂直であるのが理想的です。
これよりも前に倒れないようにしましょう。

あと、大事なのがあごが出ないように、気を付けること。
若干あごは引き気味ぐらいがちょうど良いといわれています。

いきなり、しっかりと座ることは難しいです。
オススメは、デスクに付箋で「ストレッチ&正しい姿勢」を張っておくこと。

この伏線をみてあっと思ったらストレッチ&姿勢を正すようにしましょう。
これだけでかなり違いますよ。お勧めです(*´∀`)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
   

関連記事

ピックアップ記事

  1. IKEAのオフィスチェアVOLMAR 低価格でデザイン性の高い家具・インテリア雑貨を取り扱う世…
  2. 肩こりは万病の元 肩こりと言えば、システムエンジニアの悩みの種ですよね。 かくいう管理人もか…
  3. 友人にプログラマーが複数人います。 「一日何時間座ってんの?」って聞いたら 1人は13時…
  4. コクヨから新しく発売されているインスパインチェア これがなかなか評判がよく、高機能オフ…
  5. システムエンジニアの悩みの種「腰痛」を緩和させる椅子の座り方は システムエンジニアやデスクワー…
  6. ボーナスを貯金せずに、高機能オフィスチェアを買おうと決めてから6か月。 6か月間悩みに悩んで大塚家…
  7. 女性向けオフィスチェアは? 世の中のオフィスチェアのデザインは、正直男性向けが多いです。 機能や…
  8. 1万円で買えるオフィスチェア オフィスチェアといっても数千円から数十万円まで価格帯の幅が広く、…
  9. ほとんどの機能がそろっているニトリの激安オフィスチェア・シールド 最近はニトリもかなりオフィス…
  10. 北欧の超巨大インテリアショップ「IKEA(イケア)」。 ソファ、ベッド、デスク、ダイニングセッ…
ページ上部へ戻る