アーロンチェアの機能と特徴~口コミと評判

ハーマンミラーが誇る世界で最も有名なアーロンチェア

ハーマンミラーが手がけるアーロンチェア(Aeron Chair)の紹介です。

ハーマンミラーが誇る人間工学に基づいて作られたアーロンチェア、歴史に残る名作といわれる所以は沢山あります。

まずこのアーロンチェアは、世界ではじめてメッシュ素材を背面と座面に使用し、
エルゴノミクスと言われる人間工学理論に基づいて開発されました。

特に特徴的なのが、独自の方法で編んだ「ペリクル」と呼ばれるメッシュ素材。
従来のオフィスチェア外観と機能を一新し、あらゆる体型と姿勢に対応する革新的なチェアとして誕生しました。

このアーロンチェアは、従来のオフィスチェアに満足できなかった人々の支持を集め、
瞬く間に世界中のオフィスや事務所に広がり、今ではグローバルスタンダードとなっています。
まさに高機能オフィスチェアの象徴ともいえる存在です。

高機能オフィスチェアを買おうとした場合、ほとんどの方が購入対象として候補に挙げるほどの逸品です。

快適な掛け心地を実現するメッシュ素材「ペリクル」

ハーマンミラーが独自の方法で編んだ「ペリクル」と呼ばれるメッシュ素材が、快適な掛け心地を実現します。
このペリクルは座る人の身体の背中や腰の曲線に自然に合うように設計されているので、
まるでハンモック包まれているかのような優しい掛け心地です。

また、メッシュ素材ならではの優れた通気性で一日中快適性をキープしてくれます。
四季折々の温度差や湿気が篭りがちなオフィスでも、ムレたりすることはありません。
汗っかきの人にはもってこいですね(・∀・)

さらにはこのメッシュ素材「ペリクル」は座面にもしっかりと使用されています。
体重を座面全体に均等に分散させるため、長時間座っていても疲れません。
なので、お尻や腰の一箇所に体重がかかり過ぎることがなく、
体重を背中・腰・お尻・太もも裏全体で支えるため腰痛や肩こりの人にとって最高の掛け心地となっています!

ちなみにこのペリクルは、非常に良い弾力性を兼ね備えているので、耐久性も抜群。
寿命も非常に長いのが特徴です。

 

人体の運動理論を網羅。キネマキットチルトシステム

「キネマキットチルト」システムは、人体の運動理論に即して設計されています。
ハーマンミラー社が特許を取得した独自のシステムで、足首、膝、腰、肩、首を回転軸にして身体の動きをスムーズにサポートする機能です。

なんといっても一番の特徴は「前傾姿勢」までもサポートするメカニズム。
これがアーロンチェアを有名にした機能の一つです。
オフィスチェアでの作業は、この「前傾姿勢」で行うことが非常に多くなっています。
パソコンでのキーボード入力はもちろんの事、執筆などをする際、座り手の姿勢を最高の状態へとサポートしてくれます。

ちなみにこの「前傾姿勢(前傾チルト)」の操作ですが、これがまたややこしいんです。
座って左にレバーが2つありますが、膝よりのレバーが前傾チルトレバーです。
リクライニングした状態でレバーをあげるとシートを約5度前傾ポジションにすることができます。

また、リクライニング時の姿勢までも自然に身体をサポート。
着座時の血液の循環や椎間板への酸素の補給など、生体機能の活性化を促し、あらゆる姿勢を健康的かつ快適なものにしてくれます。

仕事の効率も向上すると言われています!!

 

腰痛を防ぎ、軽減するポスチャーフィット機能

ハーマンミラー社が進めてきた最新のリサーチとテクノロジーを駆使し開発されたポスチャーフィット機能は、
背中や腰の痛み、腰痛、肩こりの原因でもある「猫背」を正すと言われています。

これは、利用者の背骨のS字カーブをキープする事で、常に健康的な着座姿勢を保つこそ。
長時間オフィスチェアに座って仕事をする人にとって、もっとも有難い機能ですよね。

 

あらゆる体型にフィットする豊富なバリエーション

アーロンチェアのサイズバリエーションはA・B・Cの3モデル。
女性や小柄な人から、大きな体型の男性まで、あらゆる身長や体型の方に完フィットするバリエーションを用意しています。
特に日本人の体型にオススメなのがA・Bタイプ。

各モデルは、ユーザーの体重やサイズに合わせて、ペリクルのストレッチとチルトテンションの範囲を細かく調節が可能です。

 

超使えるアームの調整

アーロンチェアのアームレストは高さも角度も設定可能です。
アーム付け根のレバーを上に起こすと高さの調整が可能です。
また、アームパッドの位置は水平に内側・外側に動かすことが可能です。
アーロンチェアの少ない欠点をあげるとすれば、このアームレストの高さ調整が座ったまま簡単にできないこと。
一台を複数人で使用するなら若干めんどくさいかもしれません。

 

体格別 アーロンチェアおすすめタイプ

  • 163cm以下:63kg以下  →  Aタイプ(女性・子供向け)
  • 163cm以上:63kg以上  →  Bタイプ(男性・一般向け)
  • 175cm以上:80kg以上  →  Cタイプ(男性・大柄な人向け)

ほとんどの方はAorBタイプで問題ありません。
180cm以上で体格が大きいと自覚している人はCタイプを買いましょう。
ちなみに私(182cm 83kg)は迷うことなくCタイプです(*´∀`)

 

アーロンチェア(Aeron Chair)をの口コミ、評判

ハーマンミラーのオフィスチェアのなかでは最も有名かつ、
他ブランドと比較してもダントツで有名なアーロンチェア(Aeron Chair)だけあって、ネット上でもたくさんのファンの声が公開されています。

また、人気なだけあって中古価格も高騰しており、そこからもこのアーロンチェアの人気の高さが伺えます。

やはり、人気の理由はなんといっても2つ。

  • 前傾姿勢を可能としたキネマキットチルトシステム。
  • メッシュ素材「ペリクル」の快適な掛け心地

 

実際に座ってみても、一瞬でわかる最高の座り心地です。
まさに現代最高のオフィスチェアと言えるでしょう。

このアーロンチェアは1994年に発売されました。
デザインは普遍的に素晴らしくMOMAで永久コレクションされるほどですが、
操作方法は少し古い感じが否めません。

最新のハイグレードなオフィスチェアは、このアーロンチェアの操作性をさらに向上させて発売してきています。
複数人が使用する場合、操作性だけで言えばアーロンチェアより扱いやすいイスはあります。

ただ、それでも機能性やデザイン性はいまだにトップレベルにあり、
個人で使用する場合は、最もおすすめの事務イスであることは間違いありません。

 

アーロンチェアに座ってみた!! 試座・感想・レビュー

大型家具店に行って、実際にアーロンチェアに座ってみた感想をレビューしています!
⇛ 「アーロンチェアに座ってみた!試座した感想・評価

 

▲楽天でのアーロンチェア最安値▲

 

ハーマンミラー社 オフィスチェア一覧

 

   

ピックアップ記事

  1. 腰痛対策にはランバーサポートがベスト このサイトでも何回か特集している腰痛対策ですが、…
  2. 1万円で買えるオフィスチェア オフィスチェアといっても数千円から数十万円まで価格帯の幅が広く、…
  3. 北欧の超巨大インテリアショップ「IKEA(イケア)」。 ソファ、ベッド、デスク、ダイニングセッ…
  4. ハーマンミラー社の新作チェア「ミラ2チェア」 アーロンチェアで有名なハーマンミ…
  5. コクヨから新しく発売されているインスパインチェア これがなかなか評判がよく、高機能オフ…
  6. 肩こりは万病の元 肩こりと言えば、システムエンジニアの悩みの種ですよね。 かくいう管理人もか…
  7. ニトリ
    3万円以下!ニトリのおすすめオフィスチェア・モーメント 激安家具で有名なニトリですが、当然オフ…
  8. システムエンジニアの悩みの種「腰痛」を緩和させる椅子の座り方は システムエンジニアやデスクワー…
  9. ほとんどの機能がそろっているニトリの激安オフィスチェア・シールド 最近はニトリもかなりオフィス…
  10. ボーナスを貯金せずに、高機能オフィスチェアを買おうと決めてから6か月。 6か月間悩みに悩んで大塚家…
ページ上部へ戻る