イトーキ・Ventoチェア(ベントチェア)の機能と口コミ・評判

2011年のグッドデザイン賞を受賞~ベントチェア(Vento chair)

イトーキが手がけるベントチェア(Vento chair)の紹介です。

2011年のグッドデザイン賞を受賞した、イトーキベントチェアでですが、
あらゆる建築に調和するようにデザインされただけあって、
ベントチェアはとてもシンプルで洗練されています。

アルミダイキャストが多くつかわれ、シャープさとR形状を兼ねそなえ、
繊細なエッジや面の切り返しによる陰影まで、
かなり細部にまでこだわってデザインされています。

見た目に変わった特徴は見られませんが、よく見ると
細部にこだわりが見られるシンプルなオフィスチェアなのです。

 

あらゆる姿勢に対応するオートマチックランバーテンション機構

イトーキのベントチェア最大の特徴が背もたれ・腰部のランバーパッドです。

このランバー部、上下に60ミリ動き、支点を変えることができるのですが、
これだけなら他のオフィスチェアにも調整可能なものはたくさんあります。

ベントチェアのランバーパッドはそれだけではないのです。
直立しているときにはS字を描くように腰の部分からでっぱっていて、
後ろに倒れていくとへこんでI字になるように動いてくれるのです。

つまり理想的な作業姿勢と、休息姿勢の両方をチェアが自動的に
調整してくれるのです。

研ぎ澄まされたVentoチェアのデザイン性

あらゆる建築に調和するようにデザインされただけあって、
ベントチェアはとてもシンプルで洗練されています。

アルミダイキャストが多くつかわれ、シャープさとR形状を兼ねそなえ、
繊細なエッジや面の切り返しによる陰影まで、
かなり細部にまでこだわってデザインされています。

見た目に変わった特徴は見られませんが、よく見ると
細部にこだわりが見られるシンプルなオフィスチェアなのです。

ベントチェアの口コミと評判

デザインに関してはたしかに細かい部分にこだわっているのはわかります。
残念なのは、その割に色数が少ないこと。
このあたりは同価格帯のコンテッサチェアと比較してもちょっともったいない点だと思います。

価格は定価で13万円前後と安くはありませんが基本的な機能は備えているので、
オフィスチェアとしては申し分ありません。

イトーキ全般に言えることですが、座面に関してこのベントチェアは
かなり座り心地がいいと思います。
柔らかすぎず硬すぎず、どんな体格の人にも絶妙の座り心地をあたえてくれます。

そこまで色にこだわりない人にはおすすめのオフィスチェアです。
 
 

 

イトーキ(itoki) のオフィスチェア一覧

 

   

ピックアップ記事

  1. ニトリ
    3万円以下!ニトリのおすすめオフィスチェア・モーメント 激安家具で有名なニトリですが、当然オフ…
  2. 比較的低価格なのがNeos(ネオス) ドイツのオフィスチェアブランド、ウィルクハー…
  3. 1万円で買えるオフィスチェア オフィスチェアといっても数千円から数十万円まで価格帯の幅が広く、…
  4. ボーナスを貯金せずに、高機能オフィスチェアを買おうと決めてから6か月。 6か月間悩みに悩んで大塚家…
  5. ハーマンミラー社の新作チェア「ミラ2チェア」 アーロンチェアで有名なハーマンミ…
  6. 見た目は同じ!?オフィスチェアはなぜこんなにも値段が違うのか
    高いものから安いものまで猫も杓子もメッシュ 現在のオフィスチェアの流行はメッシュ素材であること…
  7. システムエンジニアの悩みの種「腰痛」を緩和させる椅子の座り方は システムエンジニアやデスクワー…
  8. giroflex68_06
    オーソドックスなスタイルのジロフレックス68 スイスのオフィスチェアブランドgiroflexは…
  9. 肩こりは万病の元 肩こりと言えば、システムエンジニアの悩みの種ですよね。 かくいう管理人もか…
  10. IKEAのオフィスチェアVOLMAR 低価格でデザイン性の高い家具・インテリア雑貨を取り扱う世…
ページ上部へ戻る